スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ ビルダー選び(前編)

2011.09.01.Thu.21:53
今日は、家を建てるに当たってどの会社にお願いするか決めた経緯についてお話します。
とーーっても長くなりますので、ポイントを色分けしました。
あくまで私にとってですが、赤がGOODポイント青がBADポイントです。
私が何を判断基準にしたか興味のある方だけ
続きをどーぞ♪


****************


その昔、私はとあるハウスメーカーで事務をしていました。
全国展開はしていませんでしたが、近県では結構有名なハウスメーカーでした。
その為大量の現場をさばくのに必死で、ひとつひとつの家を丁寧に作るというより、数をこなすという感じ。
だから家を建てることになった時、じっくり丁寧に一緒に家作りをして下さる会社にお願いしたいと思ってました。

リフォームより建て替えを考えたのはA社の家が可愛いのにとっても安かったから
ただA社はフランチャイズだったので、工務店によってA社の家を建てた経験値にかなりのばらつきがありました。私の住んでる地域の工務店は、まだフランチャイズに加盟して日が浅く、A社の家を建てた経験が無かったのです。足しげく訪問して下さいましたが、どんな家を建てたことがあるのかネットで調べたら、マンションのとりあえずなリフォーム3件、古い新聞記事の画像が載ってただけでした。

次に全国的にも結構有名な輸入住宅のB社を訪問しました。
家から車で10分という立地はとても魅力的だったのですが、こちらもフランチャイズで、私が気に入ってるB社のシリーズを、その工務店は建てた経験がありませんでした。
それに、最初の打ち合わせで営業さんと話したかと思えば、予告無く話す相手が変わりました。
傍で打ち合わせをメモしていた方は毎回違い、打ち合わせ後に渡されるメモの複写は誤字脱字だらけ。小さな工務店だったこともあってか、社長自らが接客、設計、現場管理を行っており、打ち合わせ中ひっきりなしに携帯電話が鳴り、その度話が中断しました。そして希望と違うプランを提案されたり、念を押しておいたことが伝わっていなかったりが続き、これは施工トラブルを招きそうだなと思い、お断りしました。


そうこうしてる時に主人がここどお?と、C社のHPを見せてくれました。
プロヴァンス風やフレンチナチュラルなお家を建ててる小さなハウスメーカーで、施工事例も可愛いオウチが沢山あって、とても気に入りました。
早速訪問し、営業さんや、コーディネーターさんにお会いしたところ、すっかり意気投合。
その際、近所で建てたオウチ数件を外から見学させて頂き、HPに載っていた可愛いおうちも見ることができました。でも正直ちょっとがっかりしてしまいました。そのオウチはまだとても新しかったのですが、おうちの人があまり家を愛してないように見えたんです。なぜなら玄関先に色んなものが散乱していて、とても荒れた感じだったからです。
それでも気を取り直して、コーディネーターさんに間取りや外観を描いて頂きました。
すると、希望していた外観とは全く違う、その時コーディネーターさんが手掛けていた新しいモデルハウスとそっくりなものが提示されたんです。これがこの人の今一番気に入ってる外観なのかなーと思いました。
間取りも全く希望にそぐわないものでした。
コーディネーターさんはとても話しやすくて気が合う気がしたので、とても残念でしたが、結局断りのお電話をしました。


C社と平行して雑誌で見かけたD社からカタログを取り寄せてみました。
フレンチナチュラルな家がぎっしり詰まったそのカタログは写真集のようでした。
どれもとても可愛かったけれど、ニッチに飾ってある雑貨や、ドアの前の寄せ植え、壁に飾られた絵等の写真ばかりで、肝心の家が良く分かりませんでした。
関西方面に拠点を置くD社は、その春関東に支社を出したばかりで、HPでコーディネーターや設計を募集していました。つまりは、カタログに載ってるような可愛い家を作った人とは別の、新しい人が担当するということです。はたして同じような家が建つのだろうか、と疑問でした。一応評判を知ろうとネットで検索したところ、不満に思っている施主の書き込みをいくつも見つけてしまいました。ネットは全てが真実ではないとは分かっていますが、一度不信感を持ってしまったらもう駄目です。D社から電話を頂きましたが、お断りしました。


合間合間に色んな展示場を巡り、沢山のモデルハウスを見学しました。
事前にネットで評判をチェックし、施工が汚いと書かれていた会社の展示場の塗り壁は、隅々を良く見るとやはりとても汚い仕上げでした。でも事前にチェックして注意して見なければ、キラキラしたシャンデリアや可愛い輸入サッシ、豪華なキッチンに目が行って気付かなかったと思います。


その頃何年も前から雑誌で見て憧れていた会社、案山子屋ボックスプランニングさんが一度倒産した後、復活したことを知りました。以前は施工もしていましたが、今度はsala'sさんと言う名で、設計事務所としての再開です。
案山子屋さんで建てた方々の切なる願いと、社員の方々の熱意が実を結んだようでした。
一度倒産したということが、主人や母の懸念事項でしたが、大きな会社でも潰れる昨今ですから、重要なのは中身だと思いました。で、その中身を調べようと、案山子屋さんで建てた方のブログを色々拝見したところ、どの方も例外なく、家をとても愛していて、案山子屋さんで建てて本当に良かったと思っていることがビンビン伝わってきたのです。そして可愛いだけでなく、とても住み心地が良いことや、家のどこを見ても愛おしくてたまらないということ、担当の方々の家作りへのこだわり、それに対する感謝が随所に書かれていました。
案山子屋さんで建てた方々のブログを読むうち、「こんな家に住みたい」という憧れは、「是非この会社で建てた家に住みたい」という強い願いに変わっていきました。


長くなりますので、続きはまた次回。。。
長々お付き合い下さり、ありがとうございました。
次はsala'sさんとお会いして、実際どうだったかについて書かせて頂こうと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 
コメント
arincororoさんへ
直前の倒産、大変でしたね。
ショックな気持ち、よく分かります。
でも建築中の倒産じゃなくて良かったですね。
瑕疵担保があっても途中で建築会社が変わるのは嫌ですものね。
星の数ほどのビルダーさんがあるけれど、施主の気持ちに真摯に答えてくれるビルダーさんはどれほどいるのでしょうね。
こんばんは。ビルダー選び色々ありましたよね。わたしも今回お家をお願いした工務店さんの前に、来週契約!というところまでいった工務店さんがありましたが、契約直前のある朝、新聞で倒産を知りました。土地は購入後3年以内に住宅を建設する条件付で、その時点であと10カ月しか残っておらず…とっても焦ったし、ショックでした。Sala'sさん、施工区域内だったらぜひぜひお願いしたいビルダーさんです^^
どれくらい自分のやりたいことに真摯に考えてくれるビルダーさんなのかは大事ですね。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。