スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

アトリエドアの取っ手

2011.06.17.Fri.20:09
先日アトリエのドアを引き戸に加工してもらうことになった件を書きましたが、引き違いにすると取っ手がふすまみたいになってしまうので悩んでいました。そしたら担当の方が「ドアノブの穴がまだ開いてない状態だったので止めておいた」と言って下さったので、もう感謝感激大喜びです。

ただ残念ながら、引き違い戸をポケットドアに加工してもらうのは色々問題が出ることが分かったので、いかにふすまみたいにならないように引き違いにするかを色々シミュレーションしてみました。
何十個という取っ手の画像をドアの画像に当てはめてみて、ようやく私のゴーサインが出たのが↓コチラ。

フツーですね。
でもアンティークゴールドの引き手ってあまり無いんですよ。
でもって主張しすぎず、安っぽくなく...と絞って残ったのがこの子。
これをアトリエのドアにはめ込むとこんな感じ。
2階廊下2

見た目も思いっきり引き戸になっちゃったけど、↓襖っぽい丸い引き手よりはいいかな。
アトリエドア3

本当は丸いノブを中央に2つ付けて、パーッと両側に開いてバルコニーに出るようなイメージでした。
だけど、その先にあるのはバルコニーじゃなくて所詮狭いアトリエ。
ドア二枚分部屋が狭くなるよりは、この方がいいかなと思ったわけです。

夢の家作り、何一つ妥協はしたくなかったけれど、既に妥協のオンパレード。
でもできる限り理想に近づけたい。
だから納得するまで悩んで決めようと思います。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。