スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ 階段を明るくしたい!

2011.09.08.Thu.11:32
「あと2ヵ月ちょっとーーー」 そう叫びながら、

昨夜ゴキブリと格闘したsuuです。

無垢の床も、殺虫剤使っていいんですかねぇ?


****************


室内の壁にすっかりボードが貼られ、

とーっても部屋らしくなってきました

そして、もくろみ以上に良い出来になってたのが階段

この写真では全てをお伝えできないのが残念です

DSC01971_convert_20110902221858.jpg

旧居の階段はとーーーっても暗かったんです

だから娘は2階に上がるのが大嫌いで、

ランドセルも教科書もお洋服も全部1Fに常駐

結局2階は廃墟と化し、とってももったいなかったです。



だから新居の階段はめちゃくちゃ明るくしたかったんです

なんなら階段で絵本を読みたくなっちゃうくらい

その計画がようやく実を結びましたヨ



階段を上がった正面は先日チラリお見せした↓私の部屋

DSC01968_convert_20110902221811.jpg

ガラス戸2枚からは、その向こうの窓からの光が差し込む手はずになっています

大成功です

壁紙が貼られてちゃんとお見せできる日が待ち遠しいッ


バナー作ってみました
足跡代わりに押して行ってぇ~
スポンサーサイト

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ 意外にネックな、エアコンの位置

2011.09.06.Tue.21:50
↓前回の記事で誤解を招く記載がありましたので、訂正させて頂きました。
◆ 失敗点 ~基礎の高さ~ 
訂正前にお読みになった方は、
お時間ありましたら、もう一度お目通し頂ければ幸いです。
申し訳ありませんでした


*********************


だいぶ涼しくなってきましたが、この夏エアコンを使わなかった人はいらっしゃいますか?

私もかなり頑張りましたが、10回位は使っちゃいました

節電あせもができるほど頑張ってる方が沢山いらっしゃるのにすみません



今日は、エアコンの設置場所を決めた際の、私なりの注意点について書こうと思います

エアコン

エアコンなんて後で決めても問題ないのかもしれませんが

私はもっと早くから考慮しておくべきだったと思ったので、

良かったら読んでみて下さいネ!



まずリビング・ダイニング。

できれば、道路から見えない場所に室外機を設置したいですよね。

カバーを付ければ良いかも知れないけど、それでも目立たないに越したことはないでしょう。

ダクトは雨樋に添わせるのが、ベストです



それから室内機。

リビングに入って正面に来るのは避けたい

そして全体にちゃんと風が行き渡る場所に設置したいですね。



リビング階段の場合は、階段に向かって設置しないよう注意が必要です

ウチもリビング階段なので、暖気が二階へ逃げないよう、

階段の入り口に引き戸を付けたかったのですが、

デザイン上カーテンで代用することにしました。



窓を大きくする場合、室内機の設置スペースが確保できるか、

巾と高さをチェックした方がいいですね。

2011年モデルでは、大きいものでも巾80cm、高さ30㎝、奥行30㎝

見ておけば大丈夫ですが、機種にこだわりがあるなら確認が必要です。

本体の寸法以外に、室内機を引っ掛けたり、お掃除の時に前面パネルを

引き上げたりするスペースが上部に50mm~70mm程度必要となります。

ウチは↑このスペースがないことに途中で気付いて、窓を小さくしました



カーテンレールやカーテンボックスと干渉しないかも要チェックです。

24時間換気システムの室内機と並んじゃうのも避けたいですね。



あと、どなたかのブログで読んだのですが、同じ機種のエアコンを2台対角に付けたら、

電波が反射して、反対側のエアコンが反応しちゃったという方がいらっしゃいました。

2台付ける場合は場所に注意した方がいいですね。



もしベランダを作るなら、なるべく沢山の室外機が置ける位置に

ベランダを持って来れるといいですね。

ウチはベランダ無しにしたので、ダクトがかなりの長さで壁を伝うことになってしまいました。

一応雨樋に沿わしたり、隠蔽配管にしたので、あまり目立たないと思うのですが。。。

1部屋だけ壁のど真ん中をダクトが這ってしまう場所が出てしまいました。

外からは見えづらい場所なので大丈夫とは思いますが、

ベランダがあればなーとちょっと思っちゃいました。



すべての室外機をベランダに置けたら良いけれど、

それを叶えつつ、南側にベランダが来るような間取りを考えるのは

たぶん不可能ですよね。

それにベランダが室外機だらけってのも、落ち着かないし。



あと、室内機とその電源コンセントがあまり離れると、

コードがダラダラ格好悪いので気をつけて。

節電の為、コンセントを抜きたい方はとってもいいものがあるので、

コチラの記事を見てみて下さいね。


どれも当たり前のことばかりだったかもしれませんが、
もし、ひとつでも参考になりましたら
クリックして頂けると嬉しいです

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ 失敗点 ~基礎の高さ~

2011.09.05.Mon.16:23
記載の仕方が悪く、誤解を招く表現をしてしまったので、修正しました。

基礎の高さではなく、地盤(GL)の高さです

混乱を招きまして申し訳ありません


******************


皆さん、基礎地盤の高さってどのくらいにしてますか?

私は道路からの視線を遮りたかったのと、洪水の時浸水しないようにと、

土を盛って、基礎を道路より30センチ位高いところから始めてもらいました。

これはこれで目的達成なんですけど、

何にでもメリットとデメリットがありまして。。。



基礎の高さ地盤を上げると、道路から外壁までの距離が近い場合、圧迫感があるんです。

道路までの距離が5m以上確保できればそんなに気にならなかったかもしれませんが、

ウチは何しろ2m。

かなり圧迫感があります

そうすると、折角可愛い家にしたのに、ちょっと可愛さが半減しちゃうんです

基礎家の位置が低い方が可愛く見えるんですよね



それと、基礎GLを上げると、外構にフェンスやブロックを立てても、

かなり高くしないと、掃き出し窓が全く隠れなくなっちゃうんです。

DSC01933_convert_20110905151251.jpg

防犯上と外観上、背の低い可愛いフェンスを立てる予定だったんですが、

少し高めにしないと丸見え過ぎかも



まあ、かといって低くしてたら、洪水が起きたら浸水しちゃうかもしれないから、

どっちが正解だったのかは未だに分からないですけどね



一番良いのは道路から家を5m以上離して、基礎GLを高くすることだと思います

もし敷地や間取りに余裕があるなら、そうしたいところですが、

そうも行かないのが現実デス...ネ



これを書きながら、えびせんとジュースを間違えて、手にジュースを出しちゃった
オバカな私に愛のクリックを プリーズ


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ 私の部屋 ~アトリエ~

2011.09.03.Sat.20:43
今更ですが、またテンプレ変えちゃいました~

折角素材まで作ったのに、可愛いテンプレ見つけちゃって

どうも飽きっぽくてダメですねー


****************

さて本題ですが、

今日行ったら、なんと、私の部屋のドアが付いてましたーーーーー

過去最高のテンションUPです

DSC01968_convert_20110902221811.jpg クッリクで拡大しま~す♪

3.8畳なのですが、引き違いのガラス戸なのでと~っても広く見えます。


そ ・ し ・ て


ジャーーーン

DSC01962_convert_20110902221618.jpg

フォールディングドア~


なんて、言うとカッチョイーけど、要は折れ戸です。

でも憧れだったんです、ハーフルーバー。

いやん、ステキ~

この中には大工道具や材木をしまう予定です。

ずっとご無沙汰してるDIY。

早くやりたいなー。

ミシンをしたり、ペンキを塗ったり

ノコで切るのはお外でやろっと


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ ビルダー選び(後編)

2011.09.02.Fri.21:41
子供達の学校が始まって、ようやくブログに時間を割けそうです
それでは前回の続き、行ってみよー!

今回も長いですよ~
覚悟のある方だけ、続きをどーぞ♪


****************


早速sala'sさんのHPから資料を請求させて頂きました。
すると詳しい説明をしたいとのメールを下さり、希望を聞きに来て下さいました

岡山から関東までわざわざ打ち合わせに来て頂くのは、とても申し訳ないような気がしましたが、まだお昼寝を欠かさない二歳児がいた私にはとてもありがたかったです

最初の打ち合わせでは、まず構造の説明をして下さいました。
そういえばこんなに詳しく構造について説明して下さったところは初めてだったかもしれません。
それから、好きな外観のデザインや希望の間取りを聞かれ、自分でデッサンした絵や間取り図を渡しました。
恥ずかしながら、当時私が思い描いていた家のひとつです

Scan10128.jpg

二週間後、とても見やすく色づけされ、敷地の形や道路との距離も正確に記してあり、庭や隣家との距離、駐車場スペースも確認したかった私にはとてもありがたかったです。これって当たり前のようですが、道路まで書き込んである図面を描いて下さった会社は他になかったのです。それ以外にも新居に持ち込む家具の寸法も図面に落とし込んで下さり、入居後の生活がイメージしやすかったです

最初のプランの外観はブログの左上に載せていますが、とても可愛くて、ひとめで気に入りました
間取り図も希望を全て盛り込んで下さってて、大満足だったのですが、予算オーバーで悩んでいたところ、翌週もうひとつプランを持って来て下さいました
それが↓コチラ。

Scan10127.jpg

今考えると、こっちの方が可愛かったかなーなんて思ったりもするのですが、間取りにかなり無理があったので最初のプランで進めて頂くことにしたのです。
でもこの雰囲気を保ちつつ、最初の間取りでもう一度作ってと言うのは
アリだったのかしら?
とてもそんな図々しいことは言えませんが、もし言ってたらどんな家ができてたのかなぁ、とちょっと気になるところです。


最初のプランをベースに話を進めましたが、納得のいくまで随分変更して頂きました。
これだけ変更を加える客はそうそういないかもしれません。
もしかしたら歴代1位の迷惑な客かも

そんな面倒な施主なのに、先日上棟のお祝いと言って、
sala'sさんからプレゼントを頂きました。
こんな素敵なサプライズ夫にもされたことないです(笑)。

度重なる変更や注文にも嫌な顔ひとつせず対応して下さって、
多分こんなすばらしい設計事務所さんは他にないんじゃないかしら。
本当にsala'sさんにお願いして良かったとつくづく思います


施工をして下さる工務店さんはとても新しい会社だったので、正直不安でしたが、
監督さんにお会いして、すぐ安心に変わりました。

とても知識があって、説明が上手で、マメに連絡を下さり、愛想が良いという、あり得ない位すばらしい方だったんです
おまけに、玉木宏とキングコングの梶原を足して2で割ったようなイケメンときたら、言うこと無しです


多分入居した後も、家のあちこちを見る度に、設計さん、監督さん、職人さん、皆さんが頑張って下さってた姿を思い出し、感謝し、暖かい気持ちになって、より家への愛着が増して行くんだろうなー、と思います。

ビルダー選びなんて、ずいぶん上から目線なタイトルですが、家作りのパートナーを選ぶのは、人生のパートナーを選ぶのと同じくらい、私にとって重要なことなんです。
その大事な家作りを、こんな素敵な方たちとできたことを本当に嬉しく思います

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

◆ ビルダー選び(前編)

2011.09.01.Thu.21:53
今日は、家を建てるに当たってどの会社にお願いするか決めた経緯についてお話します。
とーーっても長くなりますので、ポイントを色分けしました。
あくまで私にとってですが、赤がGOODポイント青がBADポイントです。
私が何を判断基準にしたか興味のある方だけ
続きをどーぞ♪


****************


その昔、私はとあるハウスメーカーで事務をしていました。
全国展開はしていませんでしたが、近県では結構有名なハウスメーカーでした。
その為大量の現場をさばくのに必死で、ひとつひとつの家を丁寧に作るというより、数をこなすという感じ。
だから家を建てることになった時、じっくり丁寧に一緒に家作りをして下さる会社にお願いしたいと思ってました。

リフォームより建て替えを考えたのはA社の家が可愛いのにとっても安かったから
ただA社はフランチャイズだったので、工務店によってA社の家を建てた経験値にかなりのばらつきがありました。私の住んでる地域の工務店は、まだフランチャイズに加盟して日が浅く、A社の家を建てた経験が無かったのです。足しげく訪問して下さいましたが、どんな家を建てたことがあるのかネットで調べたら、マンションのとりあえずなリフォーム3件、古い新聞記事の画像が載ってただけでした。

次に全国的にも結構有名な輸入住宅のB社を訪問しました。
家から車で10分という立地はとても魅力的だったのですが、こちらもフランチャイズで、私が気に入ってるB社のシリーズを、その工務店は建てた経験がありませんでした。
それに、最初の打ち合わせで営業さんと話したかと思えば、予告無く話す相手が変わりました。
傍で打ち合わせをメモしていた方は毎回違い、打ち合わせ後に渡されるメモの複写は誤字脱字だらけ。小さな工務店だったこともあってか、社長自らが接客、設計、現場管理を行っており、打ち合わせ中ひっきりなしに携帯電話が鳴り、その度話が中断しました。そして希望と違うプランを提案されたり、念を押しておいたことが伝わっていなかったりが続き、これは施工トラブルを招きそうだなと思い、お断りしました。


そうこうしてる時に主人がここどお?と、C社のHPを見せてくれました。
プロヴァンス風やフレンチナチュラルなお家を建ててる小さなハウスメーカーで、施工事例も可愛いオウチが沢山あって、とても気に入りました。
早速訪問し、営業さんや、コーディネーターさんにお会いしたところ、すっかり意気投合。
その際、近所で建てたオウチ数件を外から見学させて頂き、HPに載っていた可愛いおうちも見ることができました。でも正直ちょっとがっかりしてしまいました。そのオウチはまだとても新しかったのですが、おうちの人があまり家を愛してないように見えたんです。なぜなら玄関先に色んなものが散乱していて、とても荒れた感じだったからです。
それでも気を取り直して、コーディネーターさんに間取りや外観を描いて頂きました。
すると、希望していた外観とは全く違う、その時コーディネーターさんが手掛けていた新しいモデルハウスとそっくりなものが提示されたんです。これがこの人の今一番気に入ってる外観なのかなーと思いました。
間取りも全く希望にそぐわないものでした。
コーディネーターさんはとても話しやすくて気が合う気がしたので、とても残念でしたが、結局断りのお電話をしました。


C社と平行して雑誌で見かけたD社からカタログを取り寄せてみました。
フレンチナチュラルな家がぎっしり詰まったそのカタログは写真集のようでした。
どれもとても可愛かったけれど、ニッチに飾ってある雑貨や、ドアの前の寄せ植え、壁に飾られた絵等の写真ばかりで、肝心の家が良く分かりませんでした。
関西方面に拠点を置くD社は、その春関東に支社を出したばかりで、HPでコーディネーターや設計を募集していました。つまりは、カタログに載ってるような可愛い家を作った人とは別の、新しい人が担当するということです。はたして同じような家が建つのだろうか、と疑問でした。一応評判を知ろうとネットで検索したところ、不満に思っている施主の書き込みをいくつも見つけてしまいました。ネットは全てが真実ではないとは分かっていますが、一度不信感を持ってしまったらもう駄目です。D社から電話を頂きましたが、お断りしました。


合間合間に色んな展示場を巡り、沢山のモデルハウスを見学しました。
事前にネットで評判をチェックし、施工が汚いと書かれていた会社の展示場の塗り壁は、隅々を良く見るとやはりとても汚い仕上げでした。でも事前にチェックして注意して見なければ、キラキラしたシャンデリアや可愛い輸入サッシ、豪華なキッチンに目が行って気付かなかったと思います。


その頃何年も前から雑誌で見て憧れていた会社、案山子屋ボックスプランニングさんが一度倒産した後、復活したことを知りました。以前は施工もしていましたが、今度はsala'sさんと言う名で、設計事務所としての再開です。
案山子屋さんで建てた方々の切なる願いと、社員の方々の熱意が実を結んだようでした。
一度倒産したということが、主人や母の懸念事項でしたが、大きな会社でも潰れる昨今ですから、重要なのは中身だと思いました。で、その中身を調べようと、案山子屋さんで建てた方のブログを色々拝見したところ、どの方も例外なく、家をとても愛していて、案山子屋さんで建てて本当に良かったと思っていることがビンビン伝わってきたのです。そして可愛いだけでなく、とても住み心地が良いことや、家のどこを見ても愛おしくてたまらないということ、担当の方々の家作りへのこだわり、それに対する感謝が随所に書かれていました。
案山子屋さんで建てた方々のブログを読むうち、「こんな家に住みたい」という憧れは、「是非この会社で建てた家に住みたい」という強い願いに変わっていきました。


長くなりますので、続きはまた次回。。。
長々お付き合い下さり、ありがとうございました。
次はsala'sさんとお会いして、実際どうだったかについて書かせて頂こうと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。