スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

失敗しない家作り *わたしのシミュレーション方法*

2011.07.28.Thu.23:33
いつもお時間を割いて見て頂き、ありがとうございます。
今日は家作りのシミュレーションのお話です。

皆さんはシミュレーションってどんな風にしていますか?
平面図から立面を想像したり、違う角度からの見た場合を想像したり、仕上がりの色を考えたりするのって難しいですよね。
そんなとき、私はこんな方法をとっています。
そんなの知ってるよー、というものばかりかもしれませんが、もしご興味がおありでしたら読んでみて下さいね。



まず、平面図を立体にする方法

これは結構多くの方が試されてるかと思いますが、3Dソフトを使う方法です。
市販されている3Dマイホームデザイナーは私にはかなりお高いので、ベクターで無料のソフトをダウンロードさせて頂きました。

イエスマイハウス

マイホームデザイナーを使ったことが無いので分かりませんが、イエスマイハウスは内外共にあらゆる角度から見れ、キッチンから見た風景などをシミュレーションするのに役立ちました。

私の場合、キッチンに立っている時でも子供の遊び場所とテレビが見えるようにしたかったので(笑)
だって皆が爆笑してるのに自分だけ「?」だと寂しいんですもん。

選択肢は少ないですが、照明が点いた状態が見れたり、外壁や屋根の色を設定したり、家具を配置したりもできて、なかなかオススメです。

今気づいたけど、このソフトの名前、Yes!my house と 家、住まい、ハウス を掛けてるんじゃない?
スゴーーーイ!(笑)



展開図に色付けシミュレーションする方法

展開図が渡されてからは、そのカラーシミュレーションにマクロメディアのファイアーワークスという画像編集ソフトを使いました。フォトショップと同じようなものです。

展開図をスキャナーで取り込み、その上に図形を書き込み、色付けしています。
その結果が↓コレ
南北側シミュレーション
買いたいものも画像をトリミングして変形させ、切り貼りしています。



最後に外観を実際の立地に当てはめてみる方法

これは道路から見た時どこに目が行くかとか電線の位置をみたりするのに役立ちます。
方法は、建築する住所をグーグルマップで探し、ストリートビューに切り替えます。
建築地が画面に映ったら、Ctrol+Printscreenを押してPCに映っている画面そのものをコピーします。
それを画像編集ソフト(フォトショップやファイヤーワークスなど)に貼り付けます。
そこにスキャナーで取り込んだ立面図をトリミングし、貼り付けます。
見える角度に応じて、立面図を変形させるといいです。
建ってからの外観をよりリアルに想像できてワクワク度がUPします。
私は更に立面図の上に希望の瓦や外壁、窓、玄関ドアを切り貼りしてシミュレーションしました。

こうすると、欲しいものてんこ盛りにしちゃった場合も、しつこくなってることに気づけて良かったです。
全体のバランスって重要ですよね。(どっかのCMみたい?)



通路幅やニッチの高さ、大きさを確認する方法

こちらは以前にも触れましたが、マスキングテープを図面の寸法に従って床や壁に貼り、使いやすいかどうか検証します。
特に廊下側にドアを開けるケースの場合、枠+ドア厚+取っ手を、廊下から引いた寸法をマスキングテープで貼ってみることをオススメします。
また、ニッチなどは、雑貨を置いたときに目線に入るかどうかチェックするといいですよ。
私はこれを怠り、現場を見て愕然としました。
侮るなかれ、最終チェーック!



以上4つの方法をご紹介させて頂きました。
さてさて、お役に立ちましたでしょうか?
宜しければ下のステンドグラスをポチッとして頂ければPCの前で小躍りしちゃいます♪
スポンサーサイト

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

家作りにおいて一番重要なこと

2011.07.27.Wed.01:47
家作りに当たって、今までいろんな方のブログを本当に参考にさせてもらいました。
なので、少しでもこれから家を建てる方のお役に立てればと思い、記事にさせて頂いていますが、書いてから「これはあまり参考にならなかったかな?」とか「ただのひとりよがりだったなー」と思うばかりの毎日です。

にもかかわらず、毎日本当に沢山の応援を頂き、とても感謝しています。
お礼を言いたいと思いつつ、ダラダラ更新するだけの毎日でしたが、これからも誰かの役に立てるような記事を書いていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。


*******************************************


ところで、我が家の家作りもようやく半分を過ぎ、最近、家作りにおいて一番重要なことがお粗末だったとよく思うことがあります。

それはブレないこと。

私の場合、一生家を建て替えることは無いだろうと思っていたのに、急遽建て替えることに話が進んでしまったので、しっかり計画を温めないうちにスタートしてしまったのが最大の失敗でした。

皆さんやってらっしゃると思いますが、自分がどんな家が建てたいのか、それを具体的に、できれば写真で集めておくことはとても大切です。
そうやってる方が殆どだと思いますし、私も結構な量の切抜きを集め、そこそこイメージは固まっていました。
けれども見学会や雑誌、ネットで素敵なお宅を見るうちに、私の抱いていたイメージがブレ始めたのです。

それは多分なんとなく「こんな感じが好き」で集めていたから。
その家の何が好きなのか明確に書き留めておかなかったから。


例えば、この写真。(画像は雑誌の切り抜きからお借りしました)
好きなイメージ
私の憧れのイメージなのですが、この部屋のどんなところが好きなのかを明確に書き留めていませんでした。

白い格子の窓が好きなのか
こんな風に両側に開く窓(ケースメント)が好きなのか
真っ白でなくクリームがかった柔らかい質感の壁が好きなのか
腰高の板壁が好きなのか
淡いグリーンの挿し色が好きなのか
天井に見切れた梁が好きなのか
アンティークな雰囲気が好きなのか
もしかして家具やカーテンが好きなだけなのか

これが明確にされていなかった為に、素敵!と思う家を見る度、自分のイメージがブレて来てしまったのです。


写真と全く同じ部屋を作れるならいいのですが、それは大抵無理です。
そしてプランを煮詰めて行くうちに様々な問題にぶち当たります。

小さなテーブルだと可愛いけれど、大家族に合わせて大きなテーブルを置いたらイメージが変わってくる、とか
エアコンの室外機がとても目立つところにしか置けない、とか
勾配天井が素敵な雰囲気を作り出しているが、ダイニングの上の2Fを無くしたら部屋が足りなくなる、とか
結局部屋の雰囲気を左右しているアンティーク家具は高すぎて買えないから、こんな雰囲気にはならない、とか(笑)

こういう問題にぶち当たった時、何を妥協できて、何は譲れないのかが明確でないと、打ち合わせで何も決められないのです。そして焦って間違った選択をしてしまうのです。

もしかしてぜ~んぶ私だけだったらごめんなさい。
少なくとも私はこういう経緯でブレまくりました。
そして小さな後悔をいくつかしております。

これから家作りを考えていらっしゃる皆さんは、どうぞ私のような失敗をしないよう、頑張って下さいネ。
今日も長々とお付き合いありがとうございました。
お役に立てたか分かりませんが、良かったら最後にポチっとして頂ければ嬉しいです。




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

超カワイイ物置発見!!!!

2011.07.25.Mon.01:04
キャーーーーー!!
こんな可愛い物置がこんな値段で手に入るなんて衝撃です!!!
物置
有限会社さくら」さんが作ってる物置で、ネットで見つけてあまりに興奮してしまって、紹介せずにいられませんでした。
こんな素敵な物置が庭の奥に佇んでいたら、思わずノックしてしまいそうです。
あ~ぁ、なんて可愛い♪


↑こんな素敵なのもありますが、ちょっとお値段的に手が届かない。
それに上の素朴な感じの方が私好み♪

家が建ったら絶対買うぞ!!!!
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

ハリーのいない秘密の部屋

2011.07.24.Sun.23:55
小屋裏ができました~!!!!
屋根ができる前の見晴らしは最高です。
いっそ屋根なんかいらないと思ってしまうほど(笑)
ここから花火を見たら最高だろうなー。
畳を敷いて寝転びたーい。
屋根から頭を出すと、風が吹き抜けてとっても気持ちよかったです。
でもこの景色ももう見納めです。
DSC01399_convert_20110714092520.jpg DSC01406_convert_20110722202519.jpg

屋根下地が張られてしまいました。
DSC01434_convert_20110722202635.jpg
外が見えなくなったのは残念だけど、これはこれでなんかワクワクします。
隠し部屋のような秘密めいた感じ。

意味無くほふく前進したくならない?
意味無く体育座りで身を潜め、誰かが探しに来るのを待ちたくならない?
意味無く。。。すいません^^;。

完成見学会にお邪魔したお宅の小屋裏はどこも、クロスやフローリングが張られた「部屋」になってましたが、ウチはそこまで予算を回せなかったので床はこのまま。
壁も床と同じ構造用合板を張るだけで済ませる予定です。
それでも何もしない状態=断熱材剥き出しよりはちょっとお高くなるんですが、壁はあった方がいいかなと思って一番安い方法をとりました。
所詮収納場所ですしね。
住み慣れて来たら壁にペンキを塗ったり、床にコルクマットを敷いたりしようかと思います。

そうそう、監督が言うには上棟のこの時期に、昔は大黒柱のてっぺんに地鎮祭の御札を貼り付けたんだそうで、2X4の我が家には大黒柱が無い為、代わりに小屋裏の一番太い我が家で一番重要な柱にお札を付けてもらいました。南か東の方角に向けて付けるんだそうです。
このお札を付ける作業が建て方の大工さんの最後のお仕事でした。

1ヶ月ちょっとでしたが、暑い中毎日一生懸命作業して下さり本当にお世話になりました。
毎日缶コーヒーを差し入れてましたが、折角なら好きなものをと思い、好みを聞いたら、実は暑いときに甘いコーヒーは気持ち悪くなっちゃうんだとか。

ガーーーン!

毎日とんでもなく迷惑な差し入れをしていたことを知り、途中からお茶かお水に切り替えました。でもいつもニコニコとても愛想のいい大工さんで、直し工事も嫌な顔ひとつせずにやってくれました。大量のお水を飲んで大量の汗をかくせいか、体脂肪2%くらいの細マッチョなオジサマでした。とっても名残惜しいですが、昨日でお別れしました。一緒にツーショット撮りたかったけど言えず。。。

発泡酒ばかりでビールはご無沙汰という人も多いという話をネットで見たので、お礼に缶ビールの詰め合わせを贈りました。夫も私もビールを飲まないので人気の銘柄が分からず、いろんな銘柄詰め合わせにしてみました。
今度は来週から造作の大工さんが来てくれます。また気さくな方だといいなー。

というわけで、
さようなら、小屋裏からの絶景。
さようなら、建て方大工さん

今日も沢山の応援クリックありがとうございました!
うれしくて本日ギリギリ2度目の更新です♪
下のステンドをクリックして頂けたら、またまた頑張って更新しちゃいます!!
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

屋根の形

2011.07.24.Sun.10:00
皆さんはどんな屋根が好きですか?
最近は四角いモダンな家が結構多いですよね。

私はマンションを含め今まで住んだ家の殆どが、四角いおウチ。
いわゆる陸屋根だったので、三角屋根のおウチにものすごい憧れがありました。
DSC01447_convert_20110721170340.jpg
これって屋根コンプレックス?
だからいつか自分で家を建てるなら絶対三角屋根って決めてました。

そしてそれが家の中からもいつも感じられるように、3部屋を傾斜天井にしてもらいました。
最初の提案では2部屋は平天井だったんですよ。
それを見たとき、なんてもったいない!!!!と思わず叫んでしまいましたよ。

DSC01503_convert_20110722193344.jpg DSC01427_convert_20110721170026.jpg
平天井に比べるとちょっとお高くなるようですが、1Fを吹き抜けにするような大変なものではないので、やらなきゃ損♪損♪。子供部屋は5.4畳しかないんですが、この天井のお陰で広く感じられます。

DSC01510_convert_20110722195333.jpg
すべて傾斜天井なのもつまらないので小屋裏収納も作りました。
主に物置として使いますが、入り口を2ヶ所設けて回遊できるようにしたので、子供の遊び場にはうってつけです。
内ひとつをロフト経由で上がれるようにしました。
ロフトにも小屋裏にも小窓をつけて階下を覗けるようにしました。
小屋裏からヤッホー叫んで、ロフトから答える。
ロフトの上で飛んで、歌って、ダイブして(笑)
子供達が楽しんでくれるといいなー。

次回は小屋裏のお話。
興味のある方は↓ポチッとして下さいネ。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

我が家のパントリー

2011.07.22.Fri.20:37
階段下スペースを無駄なく使いたくて新居ではどういう使い方を考えているかご紹介させて頂きましたが、そのパントリー側ができてました。

パントリーは入り口のアーチを入って、左側に全面可動棚。
可動棚(画像おかりしました)
奥行き40cmにしていて、パッと見てすぐ取り出せるようにしています。

右側には旧居でDIYした家電収納庫と、通販の隙間ラックを置く予定。
DSC09232_convert_20110720154348.jpgキッチン隙間ワゴン

こちら側は奥行き55cm。土鍋などの大きなものを置いたり、スライドさせて側面や上から出し入れするつもり。スライドラックは調味料のストックにしようと思ってます。

因みにこのDIYのラックは下半分がゴミ箱になってて、自分で言うのも何ですが、すごい使いやすいんです。レンジの下にはスライド棚が隠れてて、滅多に褒めない夫が唯一絶賛してくれました。

そして、今回ご紹介する小さなヒミツはコチラ。
かくれんぼするなら絶対ココにかくれるでしょうね(笑)
DSC01323_convert_20110714092859.jpg
パントリー入り口正面に開けたこの開口は階段3~4段目の下。
ココにはペットボトルの買い置きをごっそり隠そうと思ってます。
ワゴンをDIYして車輪を付けて。。。ウンウン、出し入れし易そう♪

そしてその穴の前には床下収納庫。
DSC01463_convert_20110720152022.jpg
浅型と深型がありましたが、深型にしてもらいました。
大は小を兼ねると言いますから、深すぎて使いにくかったら上げ底すればいいのです。
ここはお米のストックを立てて収納するつもりです。
床より下の収納は出し入れが不便なので、細かいものは入れずに、滅多に出し入れしない扇風機とかバーべキュー用品とか入れてもいいかも。

旧居ではキッチンのシンク前に床下収納庫があったのですが、結構隙間からゴミが入るので困ってました。
だから今回はあまりゴミが落ちない場所を選びました。
可愛いタイルを敷くつもりなので、できれば床下収納庫の枠は見えないほうがいいですしね。
あと、よく歩くところにこれを持ってくると、ギシギシ結構煩いんですよね。

新居のキッチンはとーっても小さいので、このパントリーにギッチリ隠して、キッチンはいつもスッキリ!
という計画です。さてさて、うまく行くでしょうか?

これなら使いやすそう♪と思っていただけた方、
良かったら下のステンドグラスをポチッとしてくださいね!
次回は屋根のお話です。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

窓の配置にこだわる ~軒への未練~

2011.07.21.Thu.08:53
我が家は、窓の位置にはこだわりました。
風が流れるように、必ず向かい合わせに窓を作っています。
2部屋続く場合は、間仕切り引き戸を開閉して風が抜けるようにしました。

ウォークインクローゼットは寝室の窓の対角に作り、ドアを付けませんでした。
さらにウォークインの突き当りにも窓を作り、寝室の窓から風が一直線に流れるようにしています。

可能な限り、南北と東西に窓を作り、風向きに応じて開ける窓を変えられるようにしました。
外に面していない壁には、風抜き用の室内小窓を付けています。
こういう微かな風の流れが好きです。

壁の上には壁付け扇風機を取り付け、サーキュレーター代わりにするつもりです。
我が家の個室の殆どが傾斜天井なので、暖気が天井に留まらないようにしました。

ただひとつ後悔しているのが、雨の日でも窓を全開できるよう、軒を深くするとか、窓をオーニングタイプにするとかすれば良かったなーと思っています。今の仮住まいはベランダの軒が1m位あるので今日のような台風でも雨が殆ど降り込まず涼しいので、新居もこうすれば良かったかなーと時々思います。最初から分かってたことなのですが、新居は可愛さを優先しちゃいました。。。
軒 オーニング (画像お借りしました)

軒の無い家 (画像お借りしました)
こういう軒の無い家に一目ぼれしちゃったんです。

先日、大工さんが軒を作って下さってました。
我が家の軒はとても浅いのですが、とても凝った作りで、えぐれたアールになってました。
DSC01445_convert_20110719204616.jpg
このアール部分は二重に張ってるんです。すごいテクニックだなーと見とれてしまいました。

デザイン上、大屋根はすべて上のような浅い軒になりましたが、1Fの下屋だけ軒を深くしてもらいました。
DSC01335_convert_20110719205102.jpg
深いといっても多分50cmあるかないか位ですが。。。
たった50cmでも、これのお陰かあまり直射日光が入り込まず、建築中の新居の屋内は涼しかったです。

実際に住んでみて、必要に迫られたらオーニングとか、デザインテントを付けるかも。
top_main.jpg テント
ただ、こういうのっていずれ破れたりして張り替えないといけないみたいで。。。

耐久性を考えるなら瓦の庇にすべきだと言われたけど、いまいち好みと合わなかったのと、この程度の深さなら雨は降りこむかなーと思いやめちゃいました。
庇

やはり日本の風土を考えるなら軒を深く取るべきなのでしょうが、新居は好みの外観を優先しました。
雨の日は窓を全開できないでしょう。
家が傷むのが早いかもしれない。
他にもデメリットがあるかもしれない。
それでも、どうしても、
どこを見てもニヤニヤできる家にしたかったから。

皆さんも快適な家作り、頑張って下さいね。
次回はパントリーの小さな秘密について書きたいと思います。
ご興味のある方は、下のステンドをポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

夏も冬も快適に

2011.07.20.Wed.20:16
3連休、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
昨日は久々の雨で、ムシムシしつつも多少の打ち水効果か気温が下がってホッと一息。
でも洗濯物が乾かなくて困ってしまいました。

雨女の私はいつも雨雲を連れて歩いておりましたのに、この三連休はどうしたことかものすごい晴れに恵まれ、小学校のお祭りのお手伝いでカキ氷屋をやった夜は、脚が痛くて動けませんでした。そろそろ年を考えないといけませんね。

ところで、昨今では冬に家作りを考える人の大半は床暖を導入するそうですが、夏に考える人はあまり導入しないと聞いたことがあります。確かにこう暑いと、冬の寒さが思い出せないですよね。床暖と言っただけで背中の汗が吹き出てきそうです。ウチは夏から冬にかけて考えていたのですが、結局導入しませんでした。

サーマスラブという土壌蓄熱式床暖房に興味を持った時期もありましたが、まだまだ情報が少なかったし、気軽に買える値段ではありませんでした。
いくらランニングコストが安くても、初期投資が大きすぎては手が出ません。

蓄熱式暖房機を導入される方も随分増えましたね。私はエアコンが苦手なのでかなり惹かれましたが、暖房機というからには、冷房は別にエアコンをつけなきゃいけないのかなと思い、やめました。結構大きくて場所とるんですよね。重さも半端無いので床に補強も必要でしょうし、10年後もっといいものが出た時、処分が大変そう。

地熱を利用した冷暖房機もあるようですが、大体が初期投資に100万位はかかるようです。
床下から冷気・熱を送る場合、基礎の通気口を塞ぐようですが、シロアリとか湿気とか気になります。

なんか全部あきらめた話ばかりですね。すみません。

代わりと言ってはなんですが、我が家ではフローリングを全てパインの無垢材にしました。
パイン床
パインって足ざわりが良くて、夏涼しく、冬暖かいらしいのです。
厚さは17mmと、チョイ厚めです。

そして壁は中も外も漆喰。
漆喰壁(画像おかりしました)
調湿効果が高いんですって。
古来より蔵に使われている漆喰。
結構期待しています。

窓は一応Low-Eペアガラスのアルゴンガス入りにしました。
Low-Eって何よ?という方はこの方のブログがとても勉強になりますヨ。(丸投げですみません
アルゴンガスはいずれ抜けちゃうらしいですけど、最初の感動を味わってみたくて入れてみました。
サッシはマーヴィンという輸入サッシのインテグリティというシリーズで、熱伝導率がアルミの1/500らしいです。
今までアルミのシングルガラスだったので、きっと感動は大きいはず♪

断熱材はロックウール90mmの予定でしたが、震災で調達できず、高性能グラスウールの同等クラスで代用しました。予算が許すなら、アクアフォームとかセルロースファイバーにしたいところですが、とーーーっても高かったので断念。無念です

とまあ、限られた予算の中で家自体の断熱、保温、調湿にこだわりました。

そして通気にもこだわりました。
窓を開けるだけで涼しくて、閉めるだけで暖かいのって理想ですよね。

次回はそんな理想の家について書きたいと思います。
↓クリックで応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

トップライト ~癒しの場所~

2011.07.16.Sat.23:44
子供達が夏休みに入り、PCに向かえる時間が取れなくなってきました。
9月まではのんびり更新になりそうです

現場に行ったら、トップライトが搬入されてました。
急激にテンションUPです
DSC01389_convert_20110714092325.jpg

↓ここに付く予定です
DSC01392_convert_20110714092140.jpg

切り取った青空が想像以上にステキでした。
計算したわけではなかったけれど、幸い電線が見えることはありませんでした。
階段は最高の癒しスポットになりそうです。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 

2畳の書斎~夫の城~

2011.07.14.Thu.15:27
子供部屋×2に各5.4畳、私のアトリエに3.8畳が分配されましたが、主人にはわずか畳2枚のスペースが与えられただけでした。私、鬼嫁でしょうか?

先日の内覧会で地下室20畳程の書斎を見学させて頂いた折には、たった2畳を書斎と呼んでいたことを夫は深く反省しておりました。(20畳の方が特殊だと思いますが...、なんか不憫..)
そんな小さな小さなお部屋ですが、主人にとってはまさに城。ここ数ヶ月、照明やら、イスやらを検索しては盛り上がっておるようであります。可愛いというか、可哀想というか..。

まあ、世の中には色んな書斎がありますから、こんな書斎も黙認してやって頂ければと思います。

で、こんな書斎。

DSC01363_convert_20110714094510.jpg
DSC01364_convert_20110714094542.jpg

上から下までCD管の大行列です。
断熱材が入る隙間もありません。
北だし、窓ちっちゃいし、寒そ~。

それでもいいんだそうです。
絶えられなかったら、たった2畳なのにエアコンつけるんだそうです。
寒さ以前に、電磁波で体が悪くなりそうじゃない?

この書斎はパソコン好きな夫がパソコンを作ったり、マニアックな配線を楽しんだりするお部屋です。
そして、我が家のLANや電話線、TVアンテナ線は一旦ここに取り込まれ、ここから各部屋に分配されます。
言ってみれば集中制御室みたいなもの?

何の為だったか説明してもらったけど、難しくて忘れちゃった。
主人の話を聞いて画像にしたものが↓コレです。

書斎イメージ

右上の棚の上は↓こんな感じになる予定です。
lan.jpg(画像お借りしました)

なんかよくわかんないけど、ものすごい数のコンセントが付きます。
雷が落ちたら間違いなくここに落ちるでしょうね^^。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。